事業内容のご案内

PRODUCT MACHINING RESULTS

加工実績

核融合実験炉(ITER)開発用 大型ステンレスミラー製作
・ 核融合実験炉(ITER)開発用として製作
・ 金属材 SUS316L製の大型トロイダル形状ミラーを製作(ミラーサイズ:442×332㎜)
・ トロイダル形状計測は、三次元測定機(HOLOS Program)を使用

  出典:ITER the way to new energy 
   https://www.iter.org/sci/BeyondITER
クリスタル光学は、核融合実験炉(ITER)の計測装置として開発されているステンレスミラーの製作をしました。  ITER(イーター)とは、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 
<以下 ITER説明> 
・2025年の運転開始を目指し(2016年6月ITER理事会で決定)、日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インドの7極により進められています。 
・建設サイトは、2005年に、サン・ポール・レ・デュランス(仏)に決まりました。 
・核融合は星や太陽のエネルギー源であり、我々はこれを地上に実現しようとしています。  
  ITERの目標は核融合炉と同じレベルの温度、密度などのプラズマを実現することです。  
  すなわち、三重水素、(トリチウム)と重水素という実燃料を用いて、大出力長時間の燃焼を行うことです。 
 
   (引用)http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/iter/page1_1.html  
              http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/iter/page1_5.html 
 
             http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/iter/page1_2.html 
                国立研究開発法人量子技術研究開発機構 核融合エネルギー部門 ITER計画 HP 
 
加工内容:金属材 SUS316L製の大型トロイダル形状ミラー
ミラーサイズ:442×332㎜   
材質:SUS316L  
     
  形状精度:PV5.7μm              粗さ : Sa 0.647nm  
  Sq 0.841nm                                                    測定器 : Zygo NewView 8300
  Sz 68.883nm  
  測定器 : Zeiss CONTURA AKTIV  7/10/6     
              (HOLOS Program使用)  
 
【使用測定器】
大型三次元座標測定器 
装置名 : CONTURA AKTIV  7/10/6 (ZEISS) 
測定範囲 : 700 x  1000 x 600mm 
 
非接触表面性状測定器 
装置名 : NewView  8300 (Zygo) 
測定範囲 : 倍率x1.375~x100:(6x6mm)/(0.08x0.08mm)
【関連技術情報】
MRF 超精密自由曲面 トロイダルミラー 
https://www.crystal­opt.co.jp/contents/works/facts/index.php mode=result&seq=19