事業内容のご案内

PRODUCT MACHINING RESULTS

加工実績

ヘッドアップディスプレイ向け 金属自由曲面ミラー
超大型かつ高精度な自由曲面光学部品を提供可能といたしました。
自動車の速度やナビ情報をフロントウィンドウに映し出すヘッドアップディスプレイや、超至近距離の投写を可能とするコンパクトなプロジェクタには、高精度な自由曲面光学部品がかかせません。
クリスタル光学では、アルミや樹脂を直接切削により高速製造することで、短納期かつリーズナブルな価格にて、大型で高精度な自由曲面光学部品を提供することを可能といたしました。
 
【加工実績例】
アルミ製超大型自由曲面ミラー 
 サイズ: 600×200mm
 重量:20kg

 
   表面粗さ:Ra3nm                                            形状精度:PV1µm
   測定器:Zygo NewView7200         測定器:Panasonic UA3P­ー4型特

 

【STS (スローツールサーボ)加工】


主軸回転同期によるX,Z,Cの同時3軸加工を実用化いたしました。
 
スローツールサーボ加工の開発により、スピンドルの回転角度(C軸)と工具座標(XZ軸)を同期させ、回転軸に非対称な曲面(自由曲面)加工の実用化に成功いたしました。
クリスタル光学では最大径φ700mmもの大口径かつ高精度自由曲面ミラーの加工が可能です。

 

【関連情報】
 

 

超大型自由曲面ミラー600×400 加工

        

 
超大型自由曲面ミラー加工 外周部

          
      ・最外周部において1回転あたりの工具の前後駆動距離(sag量)は45mm 
      ・前後駆動最大速度は4300mm/min